職人の想い

心をこめて

工房ひな雛は、小さく美しいかわいい、かわいいお雛様を創りたいという想いで船出しました。
皆さまの大切なお子さまに末永く末永く喜んで頂けるお雛様をお送りするために日々心を込めて製作してまいる所存です。

工房ひな雛スタッフ一同

伝統工芸士 松永秀夫

私たちが製作し、ご提供している節句人形製品は、単なる飾りモノではなく、お客様のご家族の幸せを紡ぐモノです。節句人形を通して、生まれる時間や思い出を含めて、我々が提供するモノだと考えています。ひな雛は、ずっとお客様にとってそんな存在であれるよう、良いと感じたデザイン・製造方法・素材を選択し、私の40年間の職人歴の中で生まれたこだわりを詰め込みました。自信をもってお勧めできる製品、ひな雛をご覧いただけますと幸いです。

プロフィール

職人歴40年
日本人形制作に従事。製作した日本人形は全国百貨店、日本人形販売店にて販売。
2008年より経済産業大臣認定を受け、伝統工芸士に。
・一般社団法人日本人形協会埼玉支部幹事
・岩槻人形共同組合理事
・岩槻人形優良店会役員

工房ひな雛(法人名:有限会社人形の秀隆)
代表取締役社長

伝統工芸士松永秀夫

Hideo Matsunaga

節句人形アドバイザー 松永明子

雛祭りの歴史は古く、平安時代から続いています。桃の花の季節に女の子の健やかな成長を願うこの行事は、日本独特の厳かな行事です。親御様にとって大切な雛祭りという大切な行事を節句人形アドバイザーとして、今まで培ってきた知識を活かし、お客様へ末永く大切にして頂けるお人形をお届けさせて頂きたいと思っております。

プロフィール

職人歴34年
真多呂人形学院教授を務め、吊るし飾りや日本人形と華をテーマに伝統を広める教室を開催する等、精力的に活動。
・真多呂人形学院教授
・フラワーアレンジメント講師

節句人形アドバイザー

松永明子

Akiko Matsunaga

頭師 大豆生田博

人形は、顔が命といわれているほど、頭づくりは熟練した腕を必要とする工程です。
目鼻の形に小刀で切り出す作業は、表情を決める最も難しい作業です。
何千何万個と頭を制作する中、人形を手にするお客様を思いながら、一つひとつ妥協することなく制作することを心がけています。

頭師

大豆生田博

Hiroshi Omamiuda

頭師 赤松勝己

職人歴12年
「豊かな表情を出すために骨格や筋肉の動き、肌の感触に至るまで研究を重ねました。
思わずそっと手を触れたくなるような和やかな気持ちになるお人形づくり。
それが私の雛人形頭製作のテーマです。」

頭師

赤松勝己

Katsumi Akamatsu